人生の道標~無職からの正社員への道~

自分の分岐点を記すことで、読んでくれた人の案内に少しでも役立てることを目指す

自宅浪人奮闘記~限界は超えているか~

こんにちは、やしちです。

 

今回から私も経験した、予備校に通わず自宅で一人参考書を使って大学受験の勉強する浪人生=自宅浪人について書いていきます。

 

「もくじ」

私の浪人と大学経歴

3年生春、すし職人を目指すもいろいろな理由から頓挫(3年生の冬)→1回目のセンター2割→3流山の中高校卒業→図書館へ入学→2年間自宅浪人→国立某T大工学部(東大ではないよ!)

自宅浪人に適しているか?

自宅浪人といってもそこに至る経緯は様々でしょう。

本当にひとりでできる?

予備校で講義を受けるよりも効率的に勉強する自信があるから自宅浪人を選択したみなさんに私は言いたい。

 

予備校へ行くほうがずっと楽だよ!

 

たとえば第一志望までにあと少しで手が届かないという人は迷わず予備校へ行きましょう。迷う余地すらありません。大学の同期も言ってました。

 

数十点伸ばすのなら絶対に予備校です。本屋で買った参考書をかなぐり捨てて予備校へいきましょう。

お金がないので…

資金的な問題で予備校引けない人、あとは私のように数十点?そんな生易しい点数をとっても第一志望に合格しません!という人。自宅浪人をお勧めします。

 

というのも予備校は少し欠けている知識を補うのにはとても役に立ちますが、元からないものを埋めるのには適していません。

 

どんなに優秀な先生でも、それを受け止める器がヒビだらけでは話になりません。

 

予備校へ行っても先生が何を言っているのかわからない、というレベルですね。このレベルだと予備校へ行くだけになりがちです。

 

私は一体何を学んでいるのだ?もしくは、予備校へ行ってるから大丈夫!

 

…恐ろしいです。

自宅浪人に向いているか?

自宅浪人に向いているかどうかは本人のやる気次第!

 

…などと甘ったれたことは言いません。そんなの持っていて当たり前です。やる気がないなら予備校へ行こうと無理です。

 

一番は環境です。絶対に家で勉強するのは避けてください。

 

図書館へ行きましょう。

 

大学で同級生から「どこからきたの?」という問いに「卒業校は図書館だよ」といえるくらいには通いましょう。休館日以外行くこと。

 

昼ごはんを準備して。

 

もし近所にないという人。電車を使ってでも通いましょう。私は片道1時間かけて通いました。何せ超ど田舎。山の中です。

 

自宅浪人に向いている人は、行動力のある人。勉強以外のことでも大学合格のためなら苦にならない人。

 

これがなければ無理です。断言できます。

 

国立理系志望の併願には私立文型がお勧め

大学へ行ってやりたいことがあるんです!という人は回れ右。ここからは偏差値重視の人へ向けて書きます。

 

そもそも学部生でやりたい勉強ができると思うなよ!学部生でできることはどこの大学へ行っても大体はできます。

 

できるだけ偏差値の高い大学へ、という素直な人へ。私と同じく国立理系学部が第一志望であるなら併願先は西日本の私立文型をお勧めします。

 

試験が選択性のところを受けましょう。国語と英語は必須で社会と数学が選択という大学ですね。

 

西日本ではこのスタイルの試験方法を行う有名私立大学は多いです。

職業訓練体験記~完全に最終回~

こんにちは、やしちです。

 

今回で最後の最後になります。そのため総集編です。

「もくじ」

職業訓練を受けよう

職業訓練はメリットしかないため受講できるときは受講しましょう

 

 ・CADのような一人では学ぶことが難しい勉強も無料で経験できる

 

 ・失業手当をもらっているときは期間が終わっても訓練受講中は給付される

 

 ・ハローワークで専任の相談員がついてくれる

訓練の内容も多義にわたるため、ハローワークへ行き今どのような訓練が開講されているのかを確認しましょう!

 

 ・OA、簿記、経理などの事務

 

 ・クレーン、玉かけ、フォークリフトなどの建設

 

 ・PC講座

 

いつも全ての講座が開講されているわけではありません。各自治体のハローワークのホームページに予定が掲載されています。

 

あとは一度実際にハローワークの専用相談窓口へ行くことを強くお勧めします。

 

そこで訓練参加に必要な事前説明会の開催日や訓練内容について教えてもらうのが良いかと思います。

訓練の内容

訓練はビジネスマナーや面接の練習など、就職活動で必要となる知識を得ることもできます。

 

なかには厳しい内容もありますが、訓練を通じて得られることのほうが大きいです。

 

人前で話すのが苦手な人、コミュニケーションに自信がない人。これらを克服したい人にもお勧めです。

 

私のようにコミュ障でも卒業できました。大丈夫です!

求人票の選び方

未経験歓迎はハローワークの求人では残念ながら歓迎ではありません。

 

厳しいようですが諦めるか勉強するか、正社員としてではなくパートとして経験を得てから正社員を目指しましょう!

 

給料が違うことや仕事内容が違うこともあります。こればかりは実際に働いて見なければ分かりません。

 

もし働いてみて「合わない」と思ったら辞めても良いんです。気負わずにいきましょう!

編集後記

今回で職業訓練体験記は最後です。お付き合いいただきありがとうございます。

 

仕事を探しているときは不安で精神的に病んでしまうこともあるかと思います。

 

そういうときは一度立ち止まり、休憩を挟みながらゆっくり進んでいきましょう。あなたに合った仕事は必ず見つかります。

 

ただし、家の中にいても仕事は見つかりません。IT化されてもまだ最後は自分の足で行動する必要があります。

 

読んでいただいた皆様に良い職場が見つかることを祈って、最後といたします。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます

 

PS:次回から自宅浪人に必要なことを書いていこうと思います。

職業訓練体験記~番外編 神面接~

こんにちは、やしちです。

 

今回は今までの番外編とは毛並みが違う番外編。神がかった面接を書いていこうと思います。

 

「もくじ」

神面接

神面接とは、面接をうけた会社に就職こそできなかったものの、対応がとても親切だったり次の就職活動につながる面接のことである(やしち辞典)

 

結局採用はされていないわけでその時点で神も仏もないのですが、断られ方一つでその後のメンタルは大きく変わります。

 

・この会社には就職できなかったけれどこの業界で働きたい気持ちが強くなった

・面接官の業務説明から、自分は勉強不足だったなと思った

・自分に足りないものを認識できた

 

などなどです。前回までの番外編は「ただただ不愉快」にしかならない面接をお送りしてまいりましたが、今回は「面接も捨てたもんじゃない」という内容です。

某スーパー店長候補

近所ではなく、でも遠い距離ではないスーパーの求人。

まだ若い

面接官はお一人で年配の男性でした。役員ではなく人事の人。

 

面接は順調に進み、冗談も飛び交うくらい和気あいあいとした雰囲気のなか、面接官が「ところで」と切り出しました。

 

ここまでお話ししてやしちさんの人柄のよさは分かりました。うちに来てくれたら戦力として期待もできます。

 

でも今は…34歳。まだ若い。やしちさんならうちなんかよりもよっぽど高待遇でやりがいのある仕事が見つかると思います。

 

失礼ながらもし、もしも40歳になってやしちさんが失業していたら、そのときまた来てください。

 

そのときは一緒にお仕事しましょう!

 

 泣くよね。お世辞だろうし断る口実なんだろうけど、ここまで評価されたことが人生で一度もなかった私としては。

 

泣きますよね。

介護施設

苦戦している転職組みが一度は通る道。障害を持った方のための施設です。

介護は「介護」だけじゃない

施設の所長、副所長、あとは職員長の3人が面接官でした。

 

最初はよくある面接です。私も介護について少しは調べていたので、質問にそこまで詰まることもなく答えていきます。

 

老人ホームですが大学生のときボランティアで週2日施設へ赴いていました。

 

あとは学童保育といいますか、小学校終わってから親御さんが帰ってくるまでの時間お預かりして勉強を見たり遊んだりするボランティアもしていました。

 

よく相手に誤解されることから人と接するのがとても苦手だったので、それを治したい一心でした。

 

その経験を活かしたいということを伝えたところ、職員長のおっしゃったこと。

 

介護を仕事にするということは、介護だけが仕事ではない。

 

利用者さんと接するときはもちろんだけれどそれ以外の事務仕事もいっぱいある。

 

正直に申し上げて自由はない。でもやりがいはある。自由と引き換えにやりがいを選べますか?

 

何もいえない。実際に一線で働いている方の言葉だけに何も言えませんでした。私が就職活動をしていて一番「何もいえない」瞬間でした。

編集後記

前回までの番外編のように世の中なめて仕事をしている人もびっくりするくらいいます。

 

でも、ただ面接を受けに来たイチ応募者に真剣になってくれたり、誇りを持って仕事をしている人もいるとわかると、世の中捨てたものではないなと。

 

偉そうですけどね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

職業訓練体験記~番外編 嘘のような本当の面接Part3~

こんにちは、やしちです。

 

ついに番外編も第3弾となりました。ここまでお付き合いいただいた方、ありがとうございます。

 

それでは行ってみましょう!

「もくじ」

某書店

元書店員ですが、今回は経理としての求人に応募しました。簿記の資格も不要で未経験歓迎でした。私は簿記3級を持っています。

脅威の面接時間

面接時間でよく聞くのは長い時間面接をした、というものです。個人的には1時間は長い内に入りません。

 

こちらの面接時間。脅威の5分。入退室含めて7分くらいです。

 

私が経験した面接ではぶっちぎって最短となりました。

 

それならなぜ面接に呼んだのか。それにはちゃんと理由があります。

○○(私の以前の勤め先書店)さんって今どうなの?

開口一番がこれでした。自己紹介すらしていません。

 

次から次へと出てくる質問はすべてこれ。もちろん守秘義務があるので答えてはいないのですが、なんとか聞き出そうと向こうも必死です。

 

必死になるベクトルが違うんじゃないですかね。

 

結局パーソナルなことは何一つ聞かれずに「今日は以上で終わります」でした。

 

わざわざ時間作って交通費かけて行った面接がコレです。怒りを禁じえない。

某測量会社

未経験からでもOKということで応募しました。

60+120=180

みなさん1日に面接を何社受けたことがあるでしょうか。普通は1社ですよね。下準備もありますし、複数会社を1日で受けることはお勧めしません。

 

さてタイトルの数字。これ時間です。

 

1日で1次面接、2次面接を行った会社がありました。死ぬかと思いました。主に体力的な意味で。

 

面接は非常に緊張します。毒の沼地に両足突っ込んで立っているのと同じです。もちろんキアリーの類は利きません。

 

これを休みナシで行いました。死んじゃう死んじゃう!

所長室で見たもの、それは…

2次面接は所長室でしたが、そこにあったのは鎧と日本刀、そしてトラの毛皮です。

 

え、ゴクドー的な?来る事務所間違えたかなって。

 

日本刀は模造刀らしいです。

 

座っていた所長も見るからに堅気には見えない。薄いサングラス(ふちが金)に坊主頭。腕時計も金です。

 

しかも所長、タバコ吸ってる。灰皿は分厚いガラスでした。サスペンスで凶器になるアレですね。

 

開口一番最初に言われた言葉。

 

「吸う?」

 

吸いません。

 

この所長と120分二人きり。面接とは違う緊張で恐ろしく疲れました。

編集後記

未経験OKは基本OKではありません。応募しても合格することはまずないのでやめておきましょう。履歴書と郵送代の無駄です。

 

履歴書は書くのに相当な時間と労力を費やします。無駄なことはやめましょう。希望を砕いたら申し訳ないですが、万が一は中途にはありません。

 

どうしてもその職種に就きたいなら最低限、資格をとりましょう。勉強しましょう。話しはそれからです。

 

まだまだありますよ。これらは氷山の一角です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

職業訓練体験記~番外編 嘘のような本当の面接Part2~

こんにちは、やしちです。

 

今回も引き続き番外編ということで、実際に経験した「うっそだろ!?」という面接を書いていきたいと思います。

「もくじ」

某制作会社

正直なところすごく行きたいわけではなかったけれど、切羽詰った状況に応募した会社。やはり経理募集で未経験歓迎。

1000万円でイベントを考える試験

筆記試験があって簡単な一般常識問題の後、別の試験用紙に「1000万円与えるからイベントを考えてください。ただし、ターゲット、支出振り分け、日数を考慮して考えること」

 

これは割りとありそうな問題ですね。新卒でやる会社がありそう。

 

私は「ホテルを貸しきった夏休みの親子を対象に名探偵コ○ンの参加型のイベント」

 

という名目で書きました。イベント考えるのはかなり得意。なお予算は知らん。

保険のセールス

試験後すぐに面接スタート。

 

経理と制作のお手伝いが業務内容ですが、少しずつ雲行きが怪しくなる。

 

掻い摘んで言うと新しく保険事業を立ち上げたいからそれの先駆けがほしいらしい。未経験歓迎とはなんだったのか。

 

最初から求人票にそう書いてくれ!申し込まないから。

某社団法人

扱っているお客さんの職種に馴染みがあったので応募。事務・営業での募集。社団法人の営業というのがよくわからないが応募。

WBCの話

何のことだかわかりませんよね?「ワールドベースボールクラシック」のことです。ちょうど時期だったんですね。

 

面接開始して自己紹介したらずっとこの話。その間、なんと1時間。1時間WBCについて聞かされる面接。そう、これは面接です。

 

これはどういうことだ?面接はいつになったら始まるんだ?と思っていたら時間になったからと言われて終わったでござる。

何がいけなかったんですかね?

ハローワークの職員さんが言うには、私以外書類で落ちているらしい。

 

なるほど。形だけの面接だな?これで長かった就職活動にも終止符を打てる。

 

そう思っていた矢先。履歴書が戻ってまいりました。

 

何か悪いことしましたかね?まさか自分から面接を切り出さなければならないとかいうベリーハードを求められていたのでしょうか。

 

余談ですが、私しか面接まで残った人はいなかったはずなのにその後職員の数が一人増えていたのは内緒です。幽霊を雇ったのかな?

編集後記

前回に比べればパンチは落ちてますね。今回のも当事者になると「はぁ?」って思うものですよ。

 

社会って勝手だよねとか、それが社会ですとか言う人いますけど。いや、それただの身勝手だからね、ということも多い。

 

社畜という言葉があるがこれは「会社の家畜」という意味だけではなく、「社会の畜生」という意味もあると思う。

 

思い通りにいかないと地団太を踏んで貧乏ゆすりをする子供と変わらない。

職業訓練体験記~番外編 嘘のような本当の面接Part1~

こんにちは、やしちです。

 

前回で一通り職業訓練については書ききりました。もう鼻血も出ないよ!

 

今回は番外編。私が「うっそだろ!?」と思った面接です。こういう面接は稀であってほしい。稀じゃないんだけどね。

「もくじ」

某税理士事務所の面接

職場実習で税理士事務所のお世話にもなっていたこともあり、就職活動先として視野にいれていました。

 

残念ながら職場実習先は募集していなかったためほかを探します。

君にはサンプルになってもらう

電車とバスを駆使して片道2時間近くかけて到着。こりゃ採用になったら通勤が大変です。田舎の交通網を舐めてはいけない(ダメな意味で)

 

案内された部屋で待つこと30分。私だけの面接にずいぶん待つなと思ったらまさかの筆記試験。筆記用具は持っていましたが「なぜ?」と思います。

 

回答も終わり回収するとき、担当が一言。

 

「君にはこれからの募集に向けてのサンプルになってもらう」

 

わけがわかりません。要するに筆記試験も面接も時間を計るしアンケートもとりたい。

 

この時点で採用する気がないといわれているのと同じですよね。

 

サンプルなんですから。

どういう意図があっての回答なの?

そこで帰れば良かったのですがいろいろあって受けることに。あれは軽い脅しだったよな~。さすがに詳しくは書けませんが。

 

質問に答えると必ず「それはどういう意図なの?」とか「今の質問は受験生は不愉快になるかな」などと、質問の質を聞かれます。

 

しらねぇよ!

 

と思いつつも律儀に答える私。

 

これで終わりますといわれたので退出すると戻ってきてといわれ、何事かと思えば違うパターンもやるからと。馬鹿なの?

 

予定があるといって帰ってきました。もちろんハローワークへ報告。そんなところを勧めて申し訳ないと謝られるという。

 

担当の方のせいではないのに。やるせないですよね。

某食品会社

簿記の資格を取ったこともあって、経理職も視野に入れていました。そこで目に付いた求人票がここの会社のもの。

キミみたいなの就職できないよ

面接室で待つとすぐに取締役がお越しになりました。若そうです(40歳くらい?)。

 

椅子に座るなりタバコを吸い始めます。この時点で嫌な予感はしています。そして開口一番。

 

「俺キミの履歴書まだみてないけど、キミみたいなの就職できないよ」

 

わけがわからないです。

 

「タバコを出したら…わかるでしょ?」

 

え?火をつけろってこと?私、喫煙者じゃないからライター持ってないし。ていうか面接でタバコ吸うか?それが社会では普通なのか?私がおかしいのか?

 

「気が利かない人には就職は無理」

 

私には常識がないこの会社、無理です。

倉庫で働く?

人事の人がなんとかなだめて面接開始。その人事が私に言った最初の言葉。

 

経理で募集したけどキミは経理向きじゃないから倉庫でどう?」

 

何をもって経理向きではないと思った?前職、数字との戦いでしたけど?

 

「倉庫で働いて商品知識をつけてから経理として働かせていただけるということでしょうか?」

 

と聞くもどうやら違うらしい。この会社、経理は女性だけだそうだ。

 

だったら最初から面接呼ぶんじゃねぇよ!ほか探すわ!

 

ハローワークへそのまま報告。注意がいったらしいです。そりゃいくだろ。あの取締役は2世かな?

編集後記

いいですか。これは私が受けた「マジかよ面接」の氷山の一角です。

 

まだまだあるよ!やったね!…はぁ。真剣に面接してくれたのは半分くらいですね。あとは変な会社でした。

 

全部メモしてるからな!いつか小説のネタにしようと思って。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

職業訓練体験記~最終回 卒業式~

こんにちは、やしちです。

 

前回は私が実際に体験した職場実習について書きました。少しでもどのような空気なのか感じていただければ幸いです。

 

今回はついに最終回。卒業式です。

「もくじ」

卒業式

卒業式は入学式と同じくドレスコードはスーツでした。

 

入学式とは違い、このころになるとスーツを着る機会がなかった人でもビシッと様になっていることでしょう。

 

始まると訓練校の偉い人の挨拶があり、ハローワークの訓練校を担当している方からの挨拶がありで1時間くらいで終わります。

 

卒業式自体は。

活動報告をする

そのあとはすぐに帰れるわけではありません。

 

職場実習で体験したことを踏まえて、職業訓練をテーマにしてプレゼンテーションを行います。

 

このときはPowerPointを使用してのプレゼンです。午前中に作成し、午後から発表会になります。

 

最初のころとは見違えたようにみなさんpoerPointを使いこなし、人前に出ても程よい緊張感でプレゼンされていました。

 

かく言う私も人前で話すのは苦手でしたが、このころになるとまるで緊張せず、10分間ノンストップでプレゼンを行えました。

 

プレゼン終了後は仲の良い訓練生同士で喫茶店に行ったり、そのまま帰宅したり様々です。私はハローワークに相談の予約が入っていたためそちらに向かいました。

職業訓練総括

これで職業訓練は終了です。お疲れ様でした。ここでは訓練を受けることでのメリットを改めて書き出したいと思います。

・失業保険がすぐに給付される

仕事と同じです。訓練校に通った分が給付されます。通い始めたその日、次の日に振り込まれるわけではありません。

・失業保険の給付期間が延びる

職業訓練が終了するまでの月の分まで給付されます。給付されるのはこれも仕事の給料日と同じで翌月です。

・就職活動の勉強ができる

訓練内容に「面接の受け方」や「挨拶の仕方」などが盛り込まれています。また、先生に就職活動で不安なことなど、相談ができます。

ハローワーク職業訓練生専用の相談窓口を利用できる

学校のように担任ができ、その相談員は訓練生の就職活動状況を把握しているため通常のハローワークの相談員よりも密な相談ができます。ぶっちゃけこれが一番大きいです。

・孤独な就職活動ではなくなる

先生、ハローワークの相談員をはじめ訓練生同士での情報交換も有意義です。何より家族以外と会話しなくなりがちな就職活動ではなくなるのは精神衛生上もクリーンです。

・訓練内容に多少は詳しくなる

自分次第のところも大きいですが、勉強する機会を得るというのもメリットです。

 

特にCADやクレーンなど一人で勉強することが難しいものは訓練で得た知識がそのまま就職活動で生かせます。

卒業後…

卒業後も訓練校の先生、ハローワークの担当相談員への相談はできます。万が一卒業までに就職が決まらなくてもサポートはしっかり受けることができます。

 

しかし、いつまでもというわけではありません。私の場合は卒業後3ヶ月間でした。そのため就職活動をサボるわけにはいきません。

 

訓練校卒業後はモチベーションも高い人が多いです。そのモチベーションを維持しつつ、就職活動に望みましょう。

編集後記

長いこと書いてきた「職業訓練体験記」も今回で最後です。長い間お付き合いいただきありがとうございます。